家族葬で大切な家族を送り出す|お別れの時間を作る

線香

負担がかからない

男性

直葬件数は増加傾向にある直葬は葬式と呼ばれる一連の儀式をすることなしに、火葬後、墓に埋葬することです。費用も時間もかからないので、今後も需要の拡大が予想されています。直葬が増えた背景には社会的な側面もありますが、墓石や菩提寺を持たない方が増加していることも、要因のひとつとなっています。"事前にお寺に相談してお寺に墓石のある方は、直葬を勝手に行ってしまうと、折角の墓に埋葬できない場合があります。お寺では、その宗旨に基づいて儀式を経た後に埋葬するという考え方があります。直葬はその考え方とは異なっているため、直葬を希望している方は、別な埋葬場所を探しておくことも必要です。"直葬の流れをアレンジ直葬では、一度もお経が読まれないことが一般的ですが、火葬前にお経をお願いすることもできます。ニーズに合わせてプランも多様化しているので、葬儀会社に相談してください。墓石のない方は、直葬と納骨堂の永代供養が一緒になったプランなどの利用が便利です。"葬儀と埋葬スタイルの多様化葬儀や埋葬のスタイルが多様化しており、樹木や植物を墓石に見立てた墓を選ぶ方も増えています。直葬で選択できる埋葬方法も豊富になっています。シンプルなプランを利用してコストを削減しながら、満足度の高い葬儀と埋葬を行うことができます。"生前に計画的に手配を墓石を用いた墓ならばどの霊園でも対応していますが、植物などの場合は専用の霊園があります。永代供養で管理の手間を省きたい場合には、納骨堂を探します。直葬を希望している方は、直葬後に確実に納骨可能な墓を手配して、備えておくと安心です。