家族葬で大切な家族を送り出す|お別れの時間を作る

線香

やり方が変わっている

葬儀場

火葬の一連の流れの中から、火葬だけを取り出して、それのみで行う葬儀が行われるようになりました。それが、火葬式です。”通夜や葬儀をしないことで、葬儀費用を抑えることができます”火葬式では、通夜や葬儀を行いません。そのため、葬儀に必要な祭壇や弔花などを用意する必要がありません。また、式に参列する人の数も限られ、身内だけで行う場合が多いので、参列者にふるまう食事や飲み物などの費用もほとんどかかりません。お葬式にあまりお金をかけられないという事情がある人でも選びやすいのが特徴です。”遺族だけではなく、故人が生前に望むこともありますお葬式にかける費用を節約したい、というのは遺族の願いだけではありません。故人が生前に、自分の葬式にはお金をかけたくないと言い残して火葬式を希望する場合も多いんです。故人は、遺族にできるだけたくさんのお金を遺したいと考えるものです。自分がいなくなってしまったあとの遺族の生活を支えるものだからです。お葬式の費用を節約するために選ぶ、というと不謹慎に思われるかも知れませんが、こういう意味もあるんです。・”費用を抑えるためには、きちんとした葬儀社を選ぶ必要があります”火葬式は、自由葬という葬儀業者が提供している葬儀商品です。そのため、どのような内容にするのか、またどのくらい費用がかかるのかは葬儀業者と打ち合わせをして、取り決めしなくてはなりません。費用は葬儀業者ごとによってバラつきがものすごく大きいため、葬儀業者をきちんと選ぶことが重要です。また、葬儀業者を決めたあとも、打ち合わせを何度も繰り返したり、見積もりを正確に出してもらうなどの工夫が必要です。”葬儀業者はできるだけ早めに決めておかなければなりません”民間の葬儀業者はものすごく多くて、その中からひとつを選ぶのはとても苦労すると思います。それでも、亡くなるまでには必ず見つけていなくてはなりません。もしその時期になっても見つけることができないでいた場合には、病院が紹介する葬儀業者を利用することもできます。費用や内容面などから葬儀業者を選びたい場合には、できるだけ早めに連絡をしておく必要があります。