家族葬で大切な家族を送り出す|お別れの時間を作る

数珠

今後考えること

お花

費用負担が軽減される、現代的な葬儀様式”固有の宗教を持たない社会は、葬儀の様式を決める上で便利だと思う。宗教に縛られず、自由に様式を決定することができる自由葬を選べるからだ。

View Detail

家族葬のマナーとは

お葬式

故人との最後の別れを家族だけで済ませたい人のための葬儀”故人との最後のお別れを、身内だけで、家族だけで済ませたい。そう思っている人は多いと思います。しかし、葬儀には大勢の参列者が詰めかけ、遺族はその対応に追われます。通常の葬儀では、故人と最後のお別れをゆっくり済ませることが難しいかも知れません。そういうケースを避けるために、選ばれていることが多い葬儀。それが家族葬です。”家族葬と密葬の違いは、事前に告知するかどうか”よく、家族葬のことを密葬と混同している人がいますが、厳密には違いがあります。どちらも参列者を呼ばずに身内だけで済ませる葬儀だという点では同じなのですが、大きく違うのは事前に告知するかどうかという点です。家族葬では、葬儀を身内だけで行うということを故人の関係者に告知し、参列を自粛してもらうようお願いします。密葬の場合は、葬儀を行うことや故人が亡くなったこと自体、通知しません。事後に通知するのが密葬なのです。”家族葬が終わったあとの弔問客への対処”家族葬では、参列者を呼ばずに身内だけで葬儀をするので、亡くなった人と関わりが深かった人でも葬儀に参列出来ない場合があります。そういう人が、弔問に訪れる場合があります。故人を偲んでくれる人の存在はとてもありがたいですよね。しかし、弔問客がどれだけ、またいつまで訪れるかわからない状況が続くと遺族への負担になります。家族葬の後には、弔問を考えている人に宛てて手紙を送るなどして、理解を求めましょう。”家族葬は葬儀費用があまりかからない、「小さなお葬式」”家族葬では、身内だけでひっそりとした形の葬儀をあげることが多いです。規模が小さくなるため、葬儀費用の割合も小さくなり、結果的にかかる費用が少なくなります。一般的には、通常の葬儀にかかる費用の半分か、それよりももっと少なくなると言われています。葬儀には多くのお金がかかりますが、お金をかけたから良い葬儀だというわけではありません。故人にとって、また遺族にとって不満のない葬儀にしましょう。

やり方が変わっている

葬儀場

通夜や葬儀を行わず、火葬だけを行うのが火葬式です。新しいお葬式の在り方が広まっています。これまで、人が亡くなると、その人のために盛大な葬儀を行うことがあたりまえでした。葬儀は通夜からはじまって、葬儀、火葬と進行します。

View Detail

負担がかからない

男性

通常、葬儀は埋葬をするまで段取りが決められていますが、近年は費用と時間を削減するために、シンプルな直葬がなされるようになっています。ただ宗教のこともありますから、別の方法を探すことも必要でしょう。

View Detail